フライフィッシングの基礎知識|フライキャスティング

フライフィッシングの基礎知識|フライキャスティング
homeshopschoolrepohowtokffccontact usback

howto topknotpointcastingtying

フライキャスティングのコツ
オレンジライン:フォルスキャスト
ブルーライン:渓流でフライをプレゼンテーションする場合のキャスト方向(ピックアップ&レイダウン)

YouTube 等を見ていてもオレンジラインだけの人が多いように思われる。
だから、いつもフライをプレゼンテーションする時は勢いのないワイドループになってしまっている。
フライがあそこらへんに落ちればいい。とあそこにフライを置く。くらいの違いがある。
どちらが釣れるのかははっきり言ってわからない。みなさんで確かめてみてください。

ピックアップ&レイダウン。少しずつ距離を伸ばしていけばいつかはきっとフォルスキャスト。ウソじゃないと思っています。

FFトラブルシューティング|フライキャスティング(初級編)
フライフィッシングスクール中にあった生徒さんからの質問や問題点をまとめてみました。
思い当たるような症状がありましたら参考にしてみてください。
症状
ピックアップ時フライが自分に向かって飛んでくる。
原因
  1. フライラインの弛みがとれていない。
  2. ピックアップするパワーが足りていない。
  3. ロッドを降りすぎている。
  4. ロッドストップが不十分。
対処法
  1. 水面直上からゆっくり弛みをとりながらピックアップする。
  2. 力加減を覚えるしかない。
  3. ロッドは、時計の文字盤でいうところの12時くらいの位置で止める。それ以上後ろに振らない。
    フライラインをロッドティップより遠方を通すように意識する。
  4. ロッドは12時の位置を意識してしっかり止める。

症状
ロッドにティペット(リーダー、フライライン)が絡んでしまう。
原因
  1. ラインスピードが足りていない。
  2. ラインスピードが速すぎる。
  3. ロッドを振りすぎている。
  4. ロッドの振りが速すぎる。
対処法
  1. ラインを引っ張る力をもう少し強くしてみる。
  2. フライラインにトンボが止まるくらいのスピードで。
  3. ロッドの振り幅は12時。
  4. ロッドストップしてからゆっくり引き始めて少しずつスピードを上げ、マックススピードでロッドストップ。